AGA外来

まだミノキシジルの外用?
まだプロペシア・ザガーロを内服?
もしかして危険を冒してのミノキシジル内服?
今は、より確実により安全に発毛・育毛させる時代です。

AGA治療ってどんなことをするの?

〔はじめに〕

ミノキシジル外用液、プロペシアやザガーロの内服薬などの既製品薬剤は、今ではAGAと関係ない内科や整形外科などのクリニックでも用意され、高血圧や骨折の治療のついでに安く購入することができます。当院でも用意しておりますが、これらの有効率はせいぜい50%くらいでしょうか。
また、ミノキシジルの内服を勧めているAGA専門クリニックもあります。確かによく効きますが、副作用(低血圧、頻脈、腎機能障害、心嚢液貯留など)の面から危険を伴い、当院では決して勧めません。
女性用内服薬としてパントガールがあります。副作用の心配がないので当院でも採用しています。しかし、有効率はそれほど高くありません。

〔当院のAGA治療の特徴〕

せっかくお金を出して治療するのですから、より確実に毛を生やしたいものです。
当院では2種類の再生医療を準備し、性別や症状により使い分けています。

PRP再生医療

患者様自身の血液を採血し、遠心分離により濃厚血小板血漿(PRP)を採取して、これを頭皮の局所に注入する治療です。血小板に含まれる約20種類の成長因子を局所に注入することで発毛(育毛)を促します。
PRP再生医療は、顔の美容にも用いますが、AGAでは比較的軽症な男性(ハミルトン分類でI型、II型、III vertex型まで)に行います。ご自分の血液から分離した成分で治療するので安心です。

詳しくはこちら

HARG療法

特定の健康人の脂肪幹細胞を培養し、その上清液から抽出したタンパク(脂肪幹細胞由来成長因子誘導タンパク)を用いた治療法です。この製品を注入した頭皮部では100種類近い成長因子が発現誘導される事からPRP再生医療よりも強力と言われています。
10年ほど前から行われておりますが、2018年に新たに開発された第二世代の製品は、これまでの約2倍の効果が認められ、より強力になっています。これまで副作用報告もありません(2018年9月時点)。
進行型の男性AGAや、女性のうす毛は難治性であるため、このHARG療法を行いますより早くより確実に治したいという希望がございましたら、ハミルトン分類I~III型の軽症AGAの方でも初めからHARG療法で対応いたします
ただ、ハミルトン分類VI~VII型の広範囲型で、うぶ毛がないような場合は、HARG療法でも改善は難しいと思われます。

毛髪活性化のための技術革新 - Function Targeted Stemcell Culture Technology

AAPE®V2.0 - HARG® Therapy for Japan(毛髪専用)

具体的な治療の流れ

  1. PRP再生医療やHARG療法をご希望の方は、お電話で予約して頂きます。

    ↓

  2. 診察で問診・視診を行い、再生医療の適応があるか、どちらの再生医療が良いか、改善する可能性はあるか、など検討いたします。

    ↓

  3. 続いて頭髪の写真を記録し、頭皮を麻酔クリームで20分ほど覆います。PRP再生医療の場合は、その間に採血いたします。

    ↓

  4. その後、クリームを洗い流してから、15分ほどかけて頭皮に注入治療を行います。この時、必要性があれば、神経ブロック麻酔を行うこともあります。

    ↓

  5. シャンプー、ドライヤーで整髪してお帰り頂けます。

合計1時間+αと考えて頂ければ良いかと思います。

〔何回くらい治療を受ければ良いのか?〕

PRP再生医療もHARG医療も1~2ヶ月に1回のペースで5~10回くらいを目安にして下さい。
1年計画で考えて頂くと良いかと思います。
治療終了の判断は個人差がありますが、「患者様が十分に満足頂けた時点で終了」、というのが理想です。

〔治療終了してから、どのくらいの期間は安泰なのでしょうか?〕

PRP再生医療の効果持続期間は1~2年と言われています。
一方、HARG療法は1~数年と言われ、中には5年間持続している方もいらっしゃいます。
治療を終了した後は、半年~1年間隔で定期的に診察し、気になる部位が生じましたら、ハーフ量で補充治療することも致します。あなたの頭髪の主治医としてアフターケアも心がけますので、ご安心下さい。
外用剤や内服薬による従来のAGA治療は、有効率が低いというだけでなく、治療行為を継続している期間のみ有効で、中断すれば元の薄毛の状態にもどります。一方、PRPやHARGによる再生医療では、治療終了後の効果持続期間が長く、維持治療が必要な場合でも年1回などの単発的な治療行為で対応できる、というのが利点と言えるでしょう。

〔PRP再生医療・HARG療法の料金と治療期間の目安は?〕

いずれの治療も1年計画で予定して頂けると良いかと思います。

● PRP再生医療

狭い範囲であれば1回1本採血(PRP 2.5ml)55,000円(税込)で対応。やや広い場合は2本採血(PRP 5.0ml)85,000円(税込)で対応しております。通常は2本採血で施術することが多いです。
これを1~2ヶ月に1回の頻度で治療します。

● HARG(再生)療法

製剤1本(5.0ml)85,000円(税込)、2本(10.0ml)170,000円(税込)です。よほど広い範囲でなければ、基本的には1本で治療します。これをやはり1~2ヶ月に1回の頻度で治療します。

〔予想される治療期間、施術回数と合計料金はどのくらい?〕

施術回数はいずれの療法とも、計5~10回ほどを目安にして下さい。
個人差がありますのでそれ以下の事もありますし、それ以上の事もあります。
PRP2本で5回の場合:合計425,000円(税込)
HARG療法1本で5回の場合:合計425,000円(税込)
これを基本的料金として考えて頂けるとよいと思います。あとは、追加の回数により値段が変わっていきます。

下の表は、再生医療の最も基本的な料金で治療した場合の5年間の費用を外用・内服治療と比較したものです。

再生医療を5回で終了できた場合で、その後ハーフでの治療を年1回行ったとしての費用比較シミュレーション

※横にスクロールしてご覧ください →

男・女 女性 男性 男性 男・女 男・女
治療内容 ミノキシジル外用液 パントガール プロペシア ザガーロ PRP再生医療2本 HARG療法 1本
当院価格(円)/月 3,800 9,180 6,100 12,000 85,000 85,000
治療方法 連日外用 連日内服 連日内服 連日内服 5回施術 5回施術
最初の1年間 45,600 110,160 73,200 144,000 425,000 425,000
2年目 45,600 110,160 73,200 144,000 55,000 42,500
3年目 45,600 110,160 73,200 144,000 55,000 42,500
4年目 45,600 110,160 73,200 144,000 55,000 42,500
5年目 45,600 110,160 73,200 144,000 55,000 42,500
合計 228,000 550,800 366,000 720,000 645,000 595,000

パントガールやプロペシア、ザガーロ内服にはミノキシジル外用を併用する事が多いので、再生医療が非常に順調に行った場合では、5年間にかかる費用は外用+内服治療のものと大きな隔たりはありません。
また再生医療の効果持続期間が長ければ、その間のハーフ量補充治療は不要となります。
HARG療法がより強力になっている現在、このようなスケジュールで治療する事ができる可能性があります。

料金(税抜き価格)

外用治療

5.3%ミノキシジル 3,519円

※より有効な外用剤も用意しています

内服治療

フィナステリド 1mg 5,649円/月
ザガーロ® 0.5mg 10,371円/月
パントガール 8,500円

PRP再生医療

PRP 2.5ml 50,926円
PRP 5.0ml 78,704円

ご自身の血液を遠心分離にかけて、再生能力が高い血小板を多く含んだ血漿を取り出し、それを薄毛が気になる部位の頭皮に直接注射するという治療です。
bFGFなどの人工的な成長因子を添加したものと比べると効果発現が1~3カ月と遅いですが、100%ご自身の血液成分を使った再生医療ですので非常に安全です(bFGFなどを添加した場合、注射部位に「こぶ(瘤)」を形成する副作用がみられます)。
1~2カ月に1回のペースで5~10回くらいを目安として頂き、効果が発現した後は1~3年に1回の維持治療で効果が継続するといわれています。

(注)内服薬治療について
事前に副作用等の説明をして薬の開始・増量などを検討いたします。必要に応じて血液検査、心電図、胸部レントゲン検査などを行う場合もございます。

HARG(再生)療法

HARG療法製剤(1本) 85,000円(税込)

広範囲に施術する場合は2本170,000円(税込)必要な事もありますが、基本的には1本で対応します。
1~2カ月に1回のペースで5~10回くらいを目安として頂きます。
治療期間は1年計画で立てて頂けると良いかと思いまが、毎年、アフターケアを行い、必要性があればハーフ量で補充治療も行います(前述の表参照)。
治療終了後の効果持続期間は、PRP再生医療よりも長いと言われております。中には5年間持続した例もあります。効果が持続している間はハーフ量での補充治療は必要ありません

(注)効果や持続期間については個人差があります。

Web予約

再生医療ブログ さまざまな事例を紹介

美容皮膚科
炭酸ガスレーザー
I2PLエリプスフレックスPPT
スペクトラ
AGA外来
PRP再生医療
ヒアルロン酸注射
料金表

ページの先頭へ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。